看護師にとって大事なことを学ぶ久喜看護専門学校

入試案内

卒業生の声
久喜看護専門学校での3年間
獨協医科大学埼玉医療センター  看護師  濱野 愛加
 久喜看護専門学校を卒業し、現在は獨協医科大学埼玉医療センターの 産婦人科病棟で勤務しています。貴校で過ごした3年間は、看護とは何か、看護者としての態度面について学び、看護師としての基礎を身につける事ができました。臨床では、今までみた事のない症例の患者さんを目の前に、自分の知識や技術の未熟さを日々感じています。久喜看護専門学校で学んだことを基に、より良い看護ができるよう日々精進していきたいと思います。
看護師として成長できるように・・・
丸山記念総合病院  看護師  本屋敷 嵩子
 私は今、丸山記念総合病院の外科病棟に勤務しています。毎日病棟の 上司や先輩たちから温かい指導や助言を受け充実した日々を送っていますが、辛い時や悩んだ時には、学生生活でのたくさんの経験と仲間とのかけがえのない時間を支えに頑張っています。今後も久喜看護専門学校での思い出と学びを忘れず、看護師として成長できるよう日々努力していきたいと思います。
自分自身を成長させていきたい
埼玉県済生会栗橋病院  看護師  武井 愛実
 久喜看護専門学校での3年間は実習と課題に追われ、何度も挫けそうになりましたが、先生方や仲間の支えにより乗り越えることができました。今、看護師として充実しているのは学生時代の経験や知識が礎となっています。私は脳神経外科・小児科病棟で働いています。まだまだ未熟で悩むことは多いですが、先輩方や同期に支えられ、日々頑張っています。これからも勉強に励み、自分自身を成長させていきたいと思います。
患者様としてではなく一人の人間として・・・
南埼玉病院  看護師  堀江 健二
久喜看護専門学校で看護の基礎基本を学び、仲間達と励まし合い、競い合い、高め合った日々は大変充実した3年間でした。現在私は、南埼玉病院で働いています。卒業して6年経った今でも勉強の日々です。精神科の看護師は、社会に受け皿のない患者様や長期化する患者様と、より近くで接する機会が多いため、患者様としてではなく一人の人間として関わることを心掛けています。皆様と臨床に立てる日を楽しみにしています。
同じ志をもった仲間と共に
新久喜総合病院  看護師  酒巻 幸奈
3年間の学校生活は実習や勉強で大変ではありましたが、同じ志をもった仲間と共に「看護」について沢山の学びを得られたと感じています。特に患者さんの命を預かるという責任は、臨床現場でより強く感じるようになり、学生のうちにこういった学びを得られたことに感謝しています。現在、私は脳神経外科病棟で勤務しています。急性期の病棟で日々状態が変わる患者さんを目の前にし、自分には何が出来るのだろうと悩みながらも、先輩の助言をいただきながら毎日頑張っています。これからも看護師として成長していけるよう頑張りたいと思います。