看護師にとって大事なことを学ぶ久喜看護専門学校

入試案内

卒業生の声
久喜看護専門学校での3年間
獨協医科大学越谷病院 看護師   小泉 智美
 久喜看護専門学校を卒業し、今は獨協医科大学越谷病院消化器内科で勤務しています。はじめは不安な気持ちでいっぱいでしたが、実習先病院ということもあり、先輩や同期に知り合いが多く支えになっています。また学生時代の3年間、勉強実習と忙しいため何度も心が折れそうになりましたが、熱心に指導してくださった先生方や、同じ目標を持つ仲間に励まされ、乗り越えることができました。久喜看護専門学校で過ごした3年間は人として成長し、看護とは何かを深め、看護師にとって大事なことを学ぶことができたと思います。
看護師として成長できるように
丸山記念総合病院 看護師   鈴木 初美
 久喜看護専門学校での3年間は学習に追われてとても大変でした。私が卒業できたのは、尊敬できる先生方と仲間に支えられたからだと思います。
 今、私は丸山記念総合病院の内科病棟で勤務しています。2年目になりますが、患者さんを前にして自分の知識や技術が未熟であると日々感じています。わからない事も多いですが、先輩方に指導を受けながら、看護師として成長できるように頑張っています。
1日も早く一人前の看護師に!
埼玉県済生会栗橋病院 看護師   武井 愛実
 私は、小児及び脳神経外科に配属になりました。今は慣れないことが多く、戸惑ってしまうこともあります。しかし、先輩の看護師の方や、プリセプターさんは、優しく丁寧にご指導してくださるため、毎日楽しく、充実した仕事を行うことができます。日々覚えることがたくさんあり、大変ですが、これからも様々なことを学習して、知識や技術を身につけていきたいです。1日も早く一人前の看護師になれるように頑張ります。
患者様のために・・・
南埼玉病院 看護師   吉中 聡子
 久喜看護専門学校での3年間は学習と実習に追われる毎日でしたが、看護の基本を身に付けることが出来、とても充実した学校生活でした。
 現在私は、実習病院である南埼玉病院に勤務しています。先輩方の看護を間近で学ばせていただきながら、自分は患者様の表面だけでなく、患者様の言動に隠された真意に近付くことが出来ているのか、自問自答をくり返し、日々患者様と関わっています。患者様のために自分にはどの様な看護が必要かを常に考え続け、患者様に適切な援助が提供できる看護師を目指し、社会に貢献したいと思います。